2006年11月06日

モンドリアン「赤、青、黄のコンポジション」

Composition with Red Blue Yellow


近代という世界観では「個」を大切に考えてきたはずである。
セザンヌ以降の近代絵画の多くは、激しい主観や独特の重い感情表現によって彩られている。
ゴッホなどは、なまの感情を絵の具に乗せたと言われる。

ところがモンドリアンは、新造形主義とかいうものを唱えた。
なぜかは知らないが、絵画表現から主観や粘つく感情を排除しようとしたらしい。

たとえば誰かが対象を観察し、描こうとすると、そこにはどうしても主観が入ってくる。
見つめれば見つめるほど主観から離れられなくなる。
そこでモンドリアンは生肉を削ぎ落とすような単純化を行ったのかもしれない。
風景や人物といった複雑な形態を描くのではなく、図形的な基本要素である水平線、垂直線、そして3つの色のみで空間を構成した。よりシンプルで普遍的な抽象絵画へのアプローチである。

モンドリアンは、ピカソらのキュビズム絵画にふれることで、空間というものが持つ、本質的な魅力を発見したのかもしれない。

たとえば数学の世界において、「美しい数式」とか「エレガントな数式」というものがあるらしい。
アインシュタインの一般相対性理論における重力方程式も美しいといわれる。
それは、時空と物質のシンプルな関係式であり、その解からは、ブラックホールの概念や膨張宇宙論などが導かれたという。

数式には、人間の主観はない。
ガリレイが言うように、数学は自然の言葉であって、アインシュタインはその美しい言葉(方程式)を発見したのである。

モンドリアンは、色と色、色と線の関係式、すなわち自然の美しい秩序を発見しようとしたのかもしれない。
感情を排し、基本要素だけをシンプルに配すことで、自然のあるがままの美しさを示するのである。

「赤、青、黄色のコンポジション」 Composition with Red Blue Yellow
ピエト・モンドリアン Piet Mondrian 1872-1944年,オランダ
posted by アートジョーカー at 11:16| Comment(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

ルネ・マグリット「白紙委任状」

白紙委任状 (50×70cm) 

日本の森はたいてい山であるが、ヨーロッパの森は平地林がどこまでも続くイメージがある。
馬に乗って森を散策するという姿に、ヨーロッパの風景を感じる。

「馬上の女性は木を隠し、木は馬上の女性を隠す。しかし私たちの思考は見えるものと見えないものの両方があることを知覚している。思考を目に見えるものにするために私は絵を利用する」
                               -ルネ・マグリット

この絵は1枚の静止画ではなく、動画にして観ると、もっと面白いのかもしれない。
たとえば馬上の女性が森の中を移動していく。
この世界では、女性が木に隠れて見えなくなるだろうという鑑賞者の「予測」に反して、突如、木の前に姿を現す。
逆に木の間から見えるはずの女性や馬の体が消え、遠くの景色が見えたりと、常識破りの光景が連続する。
それは、恐ろしく遠近感の狂った、超立体的な映像となるに違いない。
既成の常識的な思考はリズムを壊され、全く新しいビジョンが見えてくるのかもしれない。

「白紙委任状」Le blanc-seing 1965年
ルネ・マグリット  Rene Magritte 1898-1967年,ベルギー
posted by アートジョーカー at 11:33| Comment(1) | Rene Magritte | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

アンリ・ルソー「結婚式」

The Wedding

結婚式の記念写真のような絵だが、違和感がある。
この世の事物の縮尺や遠近感が狂ってしまった、不器用で不条理の世界。
正面を見据える花嫁に笑みはなく、体は浮遊しているような感じで、これから異世界にでも嫁いで行きそうな雰囲気がある。
後列の右にいる、髭の男がルソー自身だといわれるが、知らぬ間に記念写真に割り込んできた、謎のおじさんのような感じもする。正面の黒い犬は、婚姻の見届け人であるかのように不思議な存在感を示している。

「自然以外に私の師はいない」

オンリーワンとは、誰も追っかけてこられないほど、他人をぶっちぎってしまった存在のことだと思う。
ルソーの絵は、凛とした孤高の香りがする。
美術アカデミーにも学ばず、理論もなく、特定の流派にも属さず、自分だけの謎の絵画世界をひらいた。
40歳を過ぎてから初めて絵を発表した。
場所は、金さえ払えば誰でも出展できる独立芸術家(アンデパンダン)展だったという。

ルソーが師とした自然の姿は、ルソーの脳内世界で奇妙に着色され、再構成されたに違いない。

アンリ・ルソー Henri Rousseau 1844-1910年,フランス
「結婚式」1905年
posted by アートジョーカー at 06:35| Comment(0) | Henri Rousseau | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。