2006年11月30日

ルネ・マグリット「恋人たち」



たとえば恋人を持ったことのない人は、恋人という言葉を聞いてどんな顔を思い浮かべるのか。
あるいは幼い頃に母を亡くし、顔を思い出せない人の、心の中の母はどんな顔をしているのか。

マグリットの場合、13歳の頃に母親を亡くしたといわれる。
母は家の近くの川に入って死んだ。数週間後に発見された母の顔は、ぺったりと夜着に覆われていたともいわれる。
真相はわからないが、悲しすぎて母親の顔を思い出したくない、あるいは思い出せなくなったのかもしれない。
シュルレアリスムの画家は深層のイメージを抽出し、表現するといわれる。
マグリットが、人物の顔を隠した絵をよく描いているのは、心の奥底にあるもののせいだともいわれる。

あるいはこの絵は、恋愛そのものの、詩的なイメージの表現なのかもしれない。
恋人たちは、いつも「互いの素顔を覆い隠している」のである。
恋人たちには、それぞれの秘め事があるのかもしれない。

さらに、イメージを固定しない、マネキンであると考えるのも自由だろう。
マグリットが決定的な啓示を受けたといわれる、デ・キリコの絵にもマネキンはしばし登場する。
あるいは遊園地によくある、顔の抜けた看板とでも考えてもみる。
恋人といっしょに顔をはめ込んで写真を撮るやつである。

恋人のイメージは、見る人によって辛くも楽しくもある。
マグリットの布に覆われた「恋人たち」の素顔は、悲しくもあり、嬉しくもあるのかもしれない。

「恋人たち」The Lovers.1928年
ルネ・マグリット Rene Magritte 1898-1967年,ベルギー
posted by アートジョーカー at 09:25| Comment(1) | Rene Magritte | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

ルネ・マグリット「人の子」

The Son of Man, 1964

聖書によると、イエスも自分を「人の子」(The Son of Man )であると語っていたらしい。

人間には原罪があるという。
神は、エデンの園にある様々な木の実を食べることを許していたが唯一、善悪の知識の実だけは食べることを禁じていた。

「神は知識の実を食べて世界を創造する方法を知ったのですよ」
アダムとイヴは蛇にそそのかされ、神の命にそむいて禁断の木の実を食べる。
二人は裸を嫌い、無花果の葉を体に巻くようになった。そしてエデンの園から追放された。
アダムとイヴが知識の実を食べたことで、その子孫たち、すなわち人間は、永遠の生命を失ったとされる。
人間は知識を育て、やがて死ぬ存在となった。

俗説では、禁断の木の実は林檎とされる。
マグリットの「人の子」に描かれた男の顔は林檎に隠れて見えない。
誰とも特定できない、禁断の木の実を食べた「人の子」のひとりなのかもしれない。

「人の子」The Son of Man 1964年
ルネ・マグリット Rene Magritte 1898-1967年,ベルギー
posted by アートジョーカー at 04:54| Comment(0) | Rene Magritte | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

ルネ・マグリット「アルンハイムの地所」

アルンハイムの領地 (50×70cm) 

「アルンハイムの地所」は、米国の作家E.A.ポーの同名の短篇小説に触発されて描いたといわれる奇妙な絵。
石の欄干の上に卵を抱く鳥の巣があり、背景には猛禽類のような形をした岩山が広がっている。
同じマグリット作の「千里眼」という絵のように、卵の未来が背景に映し出されているのか。
あるいは卵の持つポテンシャルが岩山に滲み出しているのかもしれない。

「人の姿形をしているが、地面に映る影が悪魔の正体を晒している」
といった、不気味な怪奇映画のような趣のある絵である。

ポーの「アルンハイムの地所」は、莫大な遺産を相続した詩人のエリソンが、理想的な美を求めて楽園を創造する話。
神の創造した自然ではなく、詩人の手になる新たな美と調和をめざした人工庭園である。

江戸川乱歩もポーに誘発されて、偏執狂ともいえる男が造った、奇妙で官能的な楽園の話「パノラマ島奇談」を書いている。

「アルンハイムの地所」
ルネ・マグリット  Rene Magritte 1898-1967年,ベルギー
posted by アートジョーカー at 16:26| Comment(0) | Rene Magritte | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。