2006年09月13日

ドミニック・アングル「ブロリ公妃」

Portrait of the Princesse De Broglie, 1853Portrait of the Princesse De Broglie

ニューヨークのメトロポリタン美術館(MET)は、世界最大の資金力を持つといわれる。
その秘密はドーネーション方式(寄付)にあるらしい。
美術館は、コレクションに加えたい絵が市場に出ると、まず財力を持つ人に呼びかけて絵を購入してもらう。その作品を、美術館にそのまま寄贈してもうらうという仕組みである。
寄贈者の支払った購入金額は、すべて納税の際に控除される。
METは、ドーネーション方式によって世界有数のコレクションを築き上げてきたという。

展示される絵画の解説プレートには、寄贈者の名が記される。
ロックフェラーやモルガンといった、世界的な富豪たちの名もある。
そうした寄贈美術品のなかで、「ロバート・レーマン・コレクション」には、特別の展示室が設けられている。
銀行家のロバート・レーマンは、ルネサンス期から近代絵画までの美術品を幅広く蒐集したコレクターで、レンブラント、エル・グレコ、ゴヤ、ルノワールなどを含む約3,000点の作品が氏の死後に寄贈された。特別展示室はレーマン家の居間を再現したといわれる。

「ブロリ公妃」の肖像画もレーマン・コレクションのひとつである。
ドミニック・アングルが新古典派として円熟期に入った、1851年に描き始めたといわれる。
公妃は28歳の頃だったらしい。
サテン地のドレスのあざやかな青色がいい。
知的で美しい公妃も、金の椅子も、白いショールも、すべてがこの青のためにあるような気がした。

絵画のモチーフよりも、絵画の中に表現された色そのものに気持ちを揺さぶられることがある。

「ブロリ公妃」1851-1853年制作
ジャン=オーギュスト=ドミニック・アングル Dominique Ingres
1780-1867年,フランス 
posted by アートジョーカー at 05:33| Comment(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

ルオー「老いたる王」

Old KingOld King

黒く太い輪郭線の間から光が漏れて王の力強い姿が浮かび上がってくる。
老いた王が最後の気力を漲らせているかのようだ。

輪郭線はステンドグラスの枠を思わせる。
ルオーは職人が窓にはめる真鍮の枠を組むように、輪郭線から先に描いたらしい。
その向こうから光が漏れてくるようなイメージで色を塗っていく。
少年の頃にみた中世の色ガラスの美しさに近づくまで、神の光を再現するまで、何度も塗り重ねていく。

ルオーは完全主義者だったようだ。
職人気質だった。
ルオーの悩みは光の表現だったのかもしれない。
ステンドグラスは人間と自然の光との共作であり、教会という空間との共作でもある。
いわばその異種の感動をキャンバス上に描こうとしたのかもしれない。
ルオーはなかなか絵を「完成」させようとしなかったようだ。

画商のボラールはそのことをよく理解していたらしい。
七百点以上の未完の絵を、いつの日にか「完成」させることを条件に契約をした。
しかしボラールが急死することで、その遺産の相続人が絵の受け渡しを要求した。
ルオーは拒み、裁判を起こした。
未完のまま渡すことは画家の良心がゆるさないということだったらしい。
ルオーは勝訴したが、残りの人生をすべて使っても「完成」にはとうていおよばないと悟ったようだ。
三百点以上の未完の絵を焼却したという。

ジョルジュ・ルオー Georges Rouault 1871-1958年 フランス
posted by アートジョーカー at 04:37| Comment(1) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

ジョージ・トゥッカー「地下鉄」

G205.jpg

なんだろう、この天井の低さは。
蟻の巣に閉じこめられた人間たちがうろうろしているようだ。
みんな身を守るかのようにコートをきっちり着込んでいる。旧共産圏の地下鉄構内を思わせる雰囲気もある。

この絵は1950年の作だという。不思議な感じがする。
「病めるアメリカ社会」の始まりは60年代の半ば頃だったと思う。1950年当時のアメリカ市民は、世界一豊かな大国の住人として、もっと明るく誇らしげな表情をしていたのではないだろうか。
トゥッカーは、まだ陽気だった頃のアメリカの底に潜む「不安」を感じていたのかもしれない。

トゥッカーのGovernment Bureauという作品も興味深い。役所の建物の中。窓口はすべてスモークガラスで目隠しされ、小さな穴から役人の目だけが覗いている。重たそうなコートを着た市民たちは、その後ろ姿のみで顔が見えない。常に監視され、並ばされる人間たちに顔はないのかもしれない。

「地下鉄」1950年
ジョージ・トゥッカー george tooker 1920-,アメリカ
posted by アートジョーカー at 07:15| Comment(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。