2006年02月26日

「わだばゴッホになる」かな?

日本の鬼才、棟方志功も、おくにの東北弁で熱くゴッホを語っている。

「それからは、何を見てもゴッホの絵のように見えました。木も川も山も、みんなゴッホの絵のようにメラメラと燃え上がっていました」
                      
                    -『わだばゴッホになる』より

ゴッホはおそらく、「どこかの世界」と交感した画家ではないかと思う。
その世界は、この世界と同時に存在している。
ゴッホの絵と出会うことにより、そうした世界への扉が開かれるひとは多い。
棟方志功もそのひとりだったのだろう。感動の仕方が、ただごとじゃない。

この絵が描かれたのは1888年の秋。
ゴーギャンとの親交も深まりつつあったころ。
友のいなかったゴッホにとって、30数年の短い生涯のなかで、比較的穏やかな時代だったといえるかもしれない。

ゴッホ「夜のカフェテラス」P10号【名画ドットネット】
夜のカフェテラス-1888年


posted by アートジョーカー at 12:38| Comment(0) | Vincent van Gogh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。