2006年03月03日

「アビニョンの娘たち」は、いやったらしい

「画面の左右の形式が不均衡にずらしてあり、形態、色彩は猛烈な不協和音を発しています。これが、ものすごい迫力で、会場全体を威圧しているのです。ニューヨークの近代美術館からはこんできたもので、私もはじめてナマにふれたのですが、ズーンと全身にひびいて、骨の髄までくい入ってくるセンセーションは、なまめかしいまでにいやったらしい。その偉大さ、はげしさにおいて、おそらく最高傑作『ゲルニカ』と対比していい作品であり、今世紀前半の絵画の最高峰の一つだと思います」
                   
                  -岡本太郎「今日の芸術」/光文社より

「アビニョンの娘たち」については、岡本太郎が上の文章ですべていいあらわしているように思う。
以下、蛇足。

この絵は、1907年に発表された。ピカソのキュビズムにおける第一発目の作品とされる。
ブラックですら、その「いやらしさ」に驚いたという。
ピカソは「アビニョンの娘たち」制作中に画商のカーンワイラーと出逢い、生涯にわたってつきあいを深めることになる。
カーンワイラーは気づいていたらしい。この絵がもつ、とんでもない意味に。

ふつう、犬が西を向けば、尾は東を向く。
キュビズム(立体主義)表現では、複数の視点から対象をみて、
それを同時に描くので、そうなるとは限らない。
複数の視点が重なり、交じり合い、絡み合いながら、キャンバス上に同時に存在する。
「いやらしさ」は、アフリカの古代芸術から着想を得たともいわれる。
Les Demoiselles d'Avignon, 1907
Les Demoiselles d'Avignon, 1907


posted by アートジョーカー at 12:48| Comment(0) | Pablo Picasso2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。