2006年02月25日

ピカソの「線」には愛がある

ピカソの線には愛がある。哀もある。この頃のピカソにはだ。

20歳やそこらで、こういう絵を描く。
いや描けてしまうピカソとは、いったい何者なんだと問いたい。
こんな母子像を、かつて見たことがない。
青い世界のなかで、母子が交じりあい、溶けあっている。ひとつのまあるい線になっている。母親にとって子がすべてであり、子を抱きしめ命の火を与えるとき、じぶんさえも暖まる。

色調は寒い。が、ともに焼けゆくような暖かさ、しびれるようなぬくもりがある。
ピカソは、20世紀初めのパリの裏町で、至上の愛を見た。
天賦の才を使って極上の絵にした。ある種の魔法のようなものだと思う。

1901.jpg
Mother and Child-1901


posted by アートジョーカー at 10:10| Comment(0) | Pablo Picasso1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。