2006年11月30日

ルネ・マグリット「恋人たち」



たとえば恋人を持ったことのない人は、恋人という言葉を聞いてどんな顔を思い浮かべるのか。
あるいは幼い頃に母を亡くし、顔を思い出せない人の、心の中の母はどんな顔をしているのか。

マグリットの場合、13歳の頃に母親を亡くしたといわれる。
母は家の近くの川に入って死んだ。数週間後に発見された母の顔は、ぺったりと夜着に覆われていたともいわれる。
真相はわからないが、悲しすぎて母親の顔を思い出したくない、あるいは思い出せなくなったのかもしれない。
シュルレアリスムの画家は深層のイメージを抽出し、表現するといわれる。
マグリットが、人物の顔を隠した絵をよく描いているのは、心の奥底にあるもののせいだともいわれる。

あるいはこの絵は、恋愛そのものの、詩的なイメージの表現なのかもしれない。
恋人たちは、いつも「互いの素顔を覆い隠している」のである。
恋人たちには、それぞれの秘め事があるのかもしれない。

さらに、イメージを固定しない、マネキンであると考えるのも自由だろう。
マグリットが決定的な啓示を受けたといわれる、デ・キリコの絵にもマネキンはしばし登場する。
あるいは遊園地によくある、顔の抜けた看板とでも考えてもみる。
恋人といっしょに顔をはめ込んで写真を撮るやつである。

恋人のイメージは、見る人によって辛くも楽しくもある。
マグリットの布に覆われた「恋人たち」の素顔は、悲しくもあり、嬉しくもあるのかもしれない。

「恋人たち」The Lovers.1928年
ルネ・マグリット Rene Magritte 1898-1967年,ベルギー
posted by アートジョーカー at 09:25| Comment(1) | Rene Magritte | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poooooooooooooooooooooo

Posted by poooooooo at 2008年11月22日 07:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。