2006年11月29日

ルネ・マグリット「人の子」

The Son of Man, 1964

聖書によると、イエスも自分を「人の子」(The Son of Man )であると語っていたらしい。

人間には原罪があるという。
神は、エデンの園にある様々な木の実を食べることを許していたが唯一、善悪の知識の実だけは食べることを禁じていた。

「神は知識の実を食べて世界を創造する方法を知ったのですよ」
アダムとイヴは蛇にそそのかされ、神の命にそむいて禁断の木の実を食べる。
二人は裸を嫌い、無花果の葉を体に巻くようになった。そしてエデンの園から追放された。
アダムとイヴが知識の実を食べたことで、その子孫たち、すなわち人間は、永遠の生命を失ったとされる。
人間は知識を育て、やがて死ぬ存在となった。

俗説では、禁断の木の実は林檎とされる。
マグリットの「人の子」に描かれた男の顔は林檎に隠れて見えない。
誰とも特定できない、禁断の木の実を食べた「人の子」のひとりなのかもしれない。

「人の子」The Son of Man 1964年
ルネ・マグリット Rene Magritte 1898-1967年,ベルギー
posted by アートジョーカー at 04:54| Comment(0) | Rene Magritte | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。