2006年11月05日

ルネ・マグリット「白紙委任状」

白紙委任状 (50×70cm) 

日本の森はたいてい山であるが、ヨーロッパの森は平地林がどこまでも続くイメージがある。
馬に乗って森を散策するという姿に、ヨーロッパの風景を感じる。

「馬上の女性は木を隠し、木は馬上の女性を隠す。しかし私たちの思考は見えるものと見えないものの両方があることを知覚している。思考を目に見えるものにするために私は絵を利用する」
                               -ルネ・マグリット

この絵は1枚の静止画ではなく、動画にして観ると、もっと面白いのかもしれない。
たとえば馬上の女性が森の中を移動していく。
この世界では、女性が木に隠れて見えなくなるだろうという鑑賞者の「予測」に反して、突如、木の前に姿を現す。
逆に木の間から見えるはずの女性や馬の体が消え、遠くの景色が見えたりと、常識破りの光景が連続する。
それは、恐ろしく遠近感の狂った、超立体的な映像となるに違いない。
既成の常識的な思考はリズムを壊され、全く新しいビジョンが見えてくるのかもしれない。

「白紙委任状」Le blanc-seing 1965年
ルネ・マグリット  Rene Magritte 1898-1967年,ベルギー
posted by アートジョーカー at 11:33| Comment(1) | Rene Magritte | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
宿題の参考になりました!
ありがとうございます((+_+))
Posted by 梨花 at 2011年08月27日 17:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。