2006年10月04日

フランツ・マルク「羊」

Sheep, 1912

眠れないときは羊を数えなさいといわれる。
余計なことは考えないで、単純な作業を続ければ眠くなるという心理学的な効果があるのかもしれないが、もともとは英語のsleep(眠り)と、sheep(羊)の語呂合わせから生まれた言い伝えだといわれる。
ひつじ、と数える日本人には関係がない。
しかし、羊のいる風景は、のんびりとした優しい感じで、牧歌的な趣のなかで安らぐイメージがある。

まどろむ、という言葉がある。
目蕩む、あるいは微睡むと書く。
深く、長く眠りこけてしまえば意識不明だが、まどろむのは意識が彷徨うようで気持ちいい。
空間と溶けあうような心地よさがある。

羊の睡眠時間は短いらしい。1日30分ほどではないかといわれる。
人間から見ると、まどろむだけの時間だが、実際のところ、どのような眠りなのかは知らない。

羊はダ・ヴィンチのような優秀なショートスリーパーなのかもしれない。
あるいは自然と溶けあうように、ひがな一日、眠るように暮らしているから「睡眠」は少なくてもいいのかもしれない。
フランツ・マルクは「動物の知覚を想い描く」ことをめざしたという。

Sheep
フランツ・マルク Franz Marc
1880-1916年,ドイツ


posted by アートジョーカー at 16:33| Comment(0) | Franz Marc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。