2006年08月26日

ラ・トゥールの光と闇

St. Joseph the Carpenter, Detail of the Infant Christ, circa 1640

ラ・トゥールは、一般にフランス古典主義の画家として分類される。

聖書のことはよくわからない。
たけど、この一枚の絵に激しく打たれてしまった。
洗礼を受けたいとさえ思った。
この宗教のもつ深い暖かみと、神秘の魅惑にふれてしまったようだ。
闇の世界を、たった一本の蝋燭の光が照らす。
優しく無垢で純粋な、神秘の人を浮かび上がらせる。
劇的な瞬間。

ラ・トゥールはどこかフェルメールに似ているような気がする。
歴史に埋もれていたものが再発見されたこと、宗教画と風俗画があること、作風の変化を時系列で追うのが困難で、真筆の見極めもむずかしいということ。
フェルメールの真作とされているものが30数点なら、ラ・トゥールの真作は20数点(50点以上あるとする研究者もいる)。
どちらの絵も、このうえなく貴重なものであるところも似ている。

St. Joseph the Carpenter, Detail of the Infant Christ

ジョルジュ・ド・ラ・トゥール Georges de La Tour
1593-1652年,フランス(ロレーヌ公国)


posted by アートジョーカー at 10:43| Comment(0) | Georges de La Tour | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。