2006年08月20日

ルネ・マグリット「心の琴線」

La Corde SensibleLa Corde Sensible

日常の事物が異様に巨大化していたり、あるはずのない場所に物が転移していたりすると、心がつねられたような気がする。ちょっとした痒みを覚える。

雲がグラスに収まろうとしている。
あるいはグラスから逃れようとしている。
雲はじっとさせられているのをちょっと嫌がっているのかもしれないし、少し恥ずかしがっているのかもしれない。
芸者ワルツの歌詞ではないが「恥ずかし嬉し」という微妙な心が現れているような気もする。

マグリットの絵の中に何かの象徴を見つけようとしても無駄なことであると思う。
マグリット自身、象徴を探さないでほしいと言っている。
絵の中に暗喩などもないのである。

 僕は雲を集めようと思って、
 霜の巨人のように大きなグラスを大地に置いた。
 雲が少しずつ集まってきた。
 ある雲はいそいでやってきた。
 ある雲はゆっくりとやってきた。
 僕のグラスには毒が塗ってある。
 甘い香りのする毒だ。
 雲たちは大きな塊になって、
 僕のグラスの上で、嬉しそうに恥ずかしそうに震えていた。

上の下手くそな詩は、いま適当につくったものである。
マグリットは、自身を詩人と規定し、「言葉では語れない詩」を描いた。
ビジュアルそのものが「心の琴線」を引っ掻いてきて、首を傾げさせる。
不思議な「違和感」の残像が残り続ける。

ルネ・マグリット  Rene Magritte 1898-1967年,ベルギー


posted by アートジョーカー at 13:14| Comment(2) | Rene Magritte | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽しく拝読いたしました。

マグリットの持つ毒のようでもあり
マザーグースの毒のようでもある。。
面白い詩ですね。

わたしもマグリットのシュールさ、大好きです。
マグリットへのオマージュ▽
http://blog.goo.ne.jp/meg-favorite/e/a31e39cd53244cf0b2fed762fb223df2
Posted by Meg at 2006年10月21日 13:43
コメントありがとうございます。
マグリットは詩の心を抽出したのが私の絵であるとか言っているようなので、詩を返してみるのもひとつの鑑賞の仕方ではないかということです。
その例として書いたもので、練り込んでもいないため、まあ、適当に読み飛ばしてください。
Posted by 管理人 at 2006年10月23日 02:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。