2006年06月29日

ゴッホの「昼寝」

s.jpeg
昼寝(シエスタ)

昼寝ほど気持ちのいいものはない。
青い空があって、いい匂いのする藁があって、二人でひととき眠る。
人生いろいろあるだろうけどみんな忘れる。
幸せは長ったらしいものではなく、ほんの短い時間のなかにあるのかもしれない。
ゴッホは他人の幸せそうな風景をみて何を想ったのか。

ゴッホは生涯孤独から解放されることはなかったという。
孤独は短い人生のなかでどんどん深まっていった。
しまいには、精神の発作に襲われるほどになった。
ゴッホにほんのちいさな幸せでもあれば、もしかすると絵など描かなかったのかもしれない。
描かずにすんだのかもしれない。

「僕は音楽のようになにか慰めになるものを語りたい。男や女を永遠性を込めて描きたい」
のちにゴッホはそのようなことを書き記している。

フィンセント・ファン・ゴッホ  Vincent van Gogh 1853-1890年,オランダ


posted by アートジョーカー at 20:22| Comment(0) | Vincent van Gogh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。