2006年06月27日

空もオリーブの木も、ゴッホのうねる光景の中へ

La Recolte d'OliveLa Recolte d'Olive

「オリーブの木に青白い花が咲き、昆虫がさかんに飛び回る頃には景色全体が純粋な青色に輝く。葉が熟してくると、空は緑やオレンジ色の光にあふれ、秋に葉が紫がかると、あざやかな黄色の太陽との鮮烈なコントラストをなす。にわか雨の後は空全体がピンクとオレンジに彩られ、ピンク色の婦人たちがオリーブの果実を収穫する」

ゴッホにとって、オリーブ園の光景は魔法のように変化する。
個々の微細な輝きを発見する、その目と精神は、ただものではない。
現世の向こうにある神の世界の色彩(あるいは魔界の色彩)まで感じ取っているかのよう。
空もオリーブの木も草も土も、みんなうねりながら迫ってきて、めくるめく景色の奔流がゴッホを圧倒する。

フィンセント・ファン・ゴッホ  Vincent van Gogh 1853-1890年,オランダ


posted by アートジョーカー at 09:41| Comment(0) | Vincent van Gogh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。