2006年06月11日

夜の窓、エドワード・ホッパー

The night window, 1928The night window

「私生活を覗かないでね」

昔、そんな広告コピーがあった。商品はブラインドだった。

都市の人間の多くは、蜂の巣のような建物に棲んでいる。
中の個室はそれぞれのプライベートな空間で、隣人の顔を知なくてもいいかわりに、けっして干渉してはならない。
しかし、隣では殺人鬼がナイフを研いでいるのかもしれないし、すぐ下の階では美女が着替えをしているのかもしれない。
それを覗き見たいと、奇妙な好奇心を起こす人もいる。

江戸川乱歩の小説に「屋根裏の散歩者」というのがあるが、ホッパーは夜の街の散歩者だったようだ。
ホッパーにとって街のあちこちに灯る光は、誘蛾灯のようなものだった。
深夜のバー、ドラッグストア、アパートメントの窓……。
夜のさまざまな色の光を求めてホッパーは彷徨ったらしい。

「夜の窓」1928年
エドワード・ホッパー Edward Hopper 1882-1967年,アメリカ


posted by アートジョーカー at 06:09| Comment(0) | Edward Hopper | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。