2006年05月20日

アンリ・ルソー「蛇使いの女」

Snake Charmer, 1907Snake CharmerExotic Landscape with Lion and HuntersExotic Landscape

ルソーは平凡な税関職員で、海外旅行の経験がなかったという。
つまりは熱帯のジャングルも、エキゾチックな蛇使いの女も、野生のライオンの姿も、自身の目で観たことはなかったらしい。

ルソーの生暖かい意識だけが、熱帯へと飛んだ。
どこへ飛んだのかはわからない。別の星まで飛んで行ったのかもしれない。
見たこともないような奇妙なカタチをした熱帯樹林には、濃い精気が宿っているようだ。
そこは、船に乗って、じかには行けない異世界。
そこにいる動物たちは、この世の生き物ではないのかもしれない。

世界はパラレルに存在していて、観察によってひとつの世界が決定するという。
ルソーの世界は、奇妙にずれている。
しかしそこには、不思議な懐かしさがある。
人類の故郷であるかのような懐かしさが。

アンリ・ルソー Henri Rousseau 1844-1910年,フランス
「蛇使いの女」1907年


posted by アートジョーカー at 15:33| Comment(0) | Henri Rousseau | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。