2006年04月23日

モディリアーニとフランス女

Jeanne HebuterneJeanne Hebuterne
背中を見せて横たわる裸婦 1917年 660×915mm Reclining Nude from the Back 1917

ふと、古いヨーロッパ映画を観たくなるときがある。
たとえば雨の休日、静かな昼下がりの頃とか。

ふだんはハリウッド映画をたのしんでいる。
ハリウッド映画は、新しいテクノロジーや現代の問題に正面から向かい、豪華なキャストと巨大な装置を使って表現され。いつもサプライズがあるし、エンターティメントとして確かに優れている。

ヨーロッパ映画は、いまも昔も、とくにどうということはない。
人の欲望や情念、性といったテーマを繰り返し扱ったものが多い。
だけど、古い街を支配する色彩の感覚や、生活の匂いのするペンキの塗られた部屋、そこで暮らす深い人間の表情……。ただひたすら、街と人を見るだけでここちよくなるようなふんいきがいい。
そしてミレーユ・ダルクやカトリーヌ・ドヌーブには、アメリカ女にはない、せつなさと、たおやかさがある。

モディリアーニが眼の中に瞳を描き入れるときは、短い酒びたりの生涯のなかで、少しだけ幸せな頃だったのかもしれない。


posted by アートジョーカー at 18:53| Comment(0) | Amadeo Modigliani | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。