2006年04月17日

モディリアーニの堕落論

モディリアーニ「ルネ」M12号【名画ドットネット】

自虐というものが、果たして気持ちのいいものかどうかはわからないが、
あまりに不甲斐ない自分、もしくは満たされない自分を恨み、おのれ自身でおのれを壊したくなるとき、それがいますぐではなくても人は野垂れ死にを望む。
そういう意味で、モディリアーニも、いつかどこかでぶっ倒れて死ぬことを心の奥で望んでいたのかもしれない。実際、36歳の冬、その通りになった。

野垂れ死ぬために、たとえば酒でからだをいじめ抜く。そして酔うことでしか生きられなくなる。
20世紀の初め頃、モンパルナスを根城に活動した「エコール・ド・パリ」という言葉で括られる芸術家たちは、日本の戦後文学における無頼派とどこか似ているような気もする。
酒、議論、貧困、持病、傲慢、繊細、自堕落、破滅……そして恋愛。
恋して酔い続けた人生ではないと、こういうゾクッとするような女の絵は描けないのかもしれない。


posted by アートジョーカー at 11:23| Comment(0) | Amadeo Modigliani | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。