2006年04月10日

マティスのある窓辺もいいなぁ

Interior with Egyptian CurtainInterior with Egyptian Curtain

アンリ・マティスは1869年、北フランスのル・カトー・カンブレジで生まれた。
法律家をめざし、19歳の頃にパリの法学校で学んだのち、故郷に帰り、法律事務所に勤めた。が、病気療養をきっかけに絵画に目覚め、画業を志すようになる。

この絵は、『ギャラリーフェイク』(細野不二彦)2巻ART.1「愛国者のトリック」に出てくる。ストーリーとの直接の関係はなく、ただ1コマの中に、すっと描かれているだけだが、その存在感に少し驚いた。

作者がマティスの絵を、Gペン・黒インクで模写し、スクリーントーンを貼って仕上げたと思われる。だからモノクロなわけで色がない。しかし、マティス以外の何物でもないと思った。色がないからこそ、物の配置、バランス……構図の完璧さが妙に際だって見えたのである。

こういう絵が部屋の窓わきに、ぽつりと掛けてあると、とても洒落ていると思う。


posted by アートジョーカー at 16:17| Comment(0) | Henri Matisse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。