2006年04月02日

クリムトが描くユディト

Judith

アッシリアのホロフェルネス将軍が、ベトリアの町を包囲した。
町は水源を断たれ、無条件降伏を迫られた。
そのとき、美しい未亡人ユディトが、敵陣に乗り込んで交渉した。
ホロフェルネス将軍は、ユディトの美貌に惑わされ、酒を酌み交わした。
ユディトは、酔って眠り込んだ将軍の首を掻き切って、町に持ち帰った。
大将を失ったアッシリア軍は退却した。

クリムトにとって、ユディトは最高の「素材」だったのかもしれない。
ボッティチェリ、ジョルジョーネ、クラーナハといった過去の大家たちも、ユディトを描いている。
が、それはジャンヌ・ダルクのような勇敢な聖女のイメージである。
こんなユディトを見たことがない。
天性のサディストのような、底知れぬ妖艶さが漂っている。


posted by アートジョーカー at 18:27| Comment(0) | Gustav Klimt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。