2006年03月15日

ダリの虎、進化する絵画

なんだろう、これは?

ダリ的なコラージュ世界、あるいは分解絵画世界なのだろうか?
勝手に解釈すると、これは絵画のなかに「映画」を持ち込んだようなイメージ。

虎を分解し、あらためてみると、威嚇するような体の意匠が凄い。
噛みついてくるような勢いがあり、獣臭までただよってきそうである。
度を越した迫力の中に、何かを襲って食うことでしか生きられない生物の哀しみすらある。

Cinquenta, Tigre Real


posted by アートジョーカー at 09:20| Comment(0) | Salvador Dali | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。