2006年03月02日

光の幻術師、モネの睡蓮

モネは、もっとも印象派らしい画家といわれる。
移りゆく、そのときどきの印象を描くから、モチーフはたったひとつであってもいい。

たとえば「睡蓮」。モネは200点以上の「睡蓮」描いている。
他のひとにはひとつのモチーフであっても、
モネにとっては、いくら描いても描ききれない、ゆたかな画題となった。
季節、天気、あるいは一日の時間の流れのなかで、ゆっくりと表情を変える「睡蓮」のある光景。
モネには、このうえなくたのしく、感動の深いものだったにちがいない。

光の幻術のように変化する画面。
100年の時空を超えて、ヨーロッパの光があふれだしてきそうである。

Waterlilies: Morning, 1914-18 (left section)

Waterlilies: Morning, 1914-18 (centre right section)

Waterlilies: Two Weeping Willows, left section, 1914-18
Waterlilies


【関連する記事】
posted by アートジョーカー at 15:49| Comment(0) | Claude Monet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。