2006年02月27日

ピカソは時間をずらす

女が一枚の絵の中で同時に複数のポーズを。

ピカソが友人ブラックとともに始めたキュビズムという表現手法についte
は、一気に書ききれない。少しずつ書きます。
これには、分析的キュビズムとか総合的キュビズムとか、いろいろややこしい理論的展開があるし、知識として理解しても、ピカソは永遠にわからないと感じるのだが。

たとえば、ひとりの女がなにやらものを書いている。
いそいそと、楽しみながら、はたまた考えながら、悩みながら。
よそ見をする。背伸びをする。あくびをする。
かわいらしい女の動きを一枚の絵画のなかにぜんぶ閉じこめるとき、キュビズムという手法が活きてくる。
この絵は、正確にはキュビズムの時代をとっくに卒業していた50代のころに描かれたものであるが。

アートポスター WRITING WOMAN
Writing Woman-1934


posted by アートジョーカー at 15:30| Comment(0) | Pablo Picasso1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。