2006年02月27日

ピカソは、パッと変わる

青の時代は短い。

1904年、青年ピカソはモンマルトルの丘にある、バトー・ラヴォワール(洗濯船)という名の共同住宅を借りてアトリエとする。
ここでの生活を通して、オリヴィエと出逢い、恋をした。
詩人のアポリネールと語りあい、精神を磨いた。

ピカソは、パッと変わる。描く母子像も変わった。
いわゆる「薔薇色の時代」の作品である。
ぼちぼちであるが、絵も売れはじめたという。
このころ描いた「パイプを持つ少年」が、
2004年のサザビーズオークションで絵画史上最高値をつけた。
落札価格は、約113億円だった。
Picasso

Picasso

Picasso, Pablo
Buy this Art Print at AllPosters.com




posted by アートジョーカー at 01:01| Comment(0) | Pablo Picasso1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。