2006年02月25日

ピカソ、女の背中がいい

なんてセクシーな背中なんだろう?
絵の中から、いまにも、聞こえて来そうだ。孤独な女の囁く声が。
秋の日のヴィオロンの溜め息のように、ひたぶらにうらがなしい声が。

青い。寒い。これも、パリの下町のひとたちを描き続けた「青の時代」の絵である。
ピカソは、故郷から、ともにパリに出てきた友人の死を経験した。
悲しみをプルシャン・ブルーに込め、「青の時代」を描ききった。
若くして、独創の領域へと到達した。
プルシャン・ブルーは、暗く、紫をおびた青である。ピカソの心象風景と合致した。
過去、葛飾北斎やゴッホも、背景の空にこの色を使った。
描くひとの心によって、いかようにも作り出せる色彩のイマージュ。
変幻自在の魔力を秘めた、精神の色だと感じる。

Blue Nude

Blue Nude
Picasso, Pablo
Buy this Art Print at AllPosters.com




posted by アートジョーカー at 23:34| Comment(0) | Pablo Picasso1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。